50代女性でも転職出来る!転職成功させるための秘訣を紹介

50代での転職、普通はどうせ無理だと多くの方が諦めてしまいます。

確かに確率で言ったら厳しいのは事実。

しかし、50代で転職を成功させている女性の方がいるのも事実なんです。

つまり50代は50代なりの転職活動をすれば十分、転職を成功させるチャンスはあります!

そこで50代女性のための転職方法をこれからご紹介しましょう。

50代女性が転職を成功させる秘訣

厳しいとされる50代からの転職を成功させるには固定概念を覆して自分の中の考え方を変える必要があります。

どうせわたしに転職なんてもう無理と思っていてはどんな秘訣を伝授しても転職は出来ません。

50代での転職を成功させている人は以下のことを思って転職活動に臨んでいます。

50代女性のデメリットを把握し、それを企業に見せない

50代女性の転職が難しいとされる理由は主に3つあります。

下記の3つのデメリットを履歴書や面接で企業側に見せないことがまず転職成功への第一歩に繋がるんです。

デメリット①「人件費がかかる」

50代となると前職ではそれなりの給料を貰っていた方が多いです。そのため転職先でも高給を望む人が多いのですが、企業側からしたらよく知らない相手にいきなり高給を与えるのはリスクがありますから敬遠されます。

でも逆に給料が下がることを受け入れて、仕事をしたいという意欲を見せれば企業から人件費の面でマイナス評価を受けることは防げます。

デメリット②「扱いづらい」

50代の扱いづらさというのは転職成功率を下げる結構大きな原因となっているんです。もちろんあなた自身はそんなことない!とお思いになられるでしょうが、相手からすればどうしてもあなたに気を使いますし、あなた自身もこれまで生きてきた経験からこれは譲れないという部分が無意識に出ることがあります。

このデメリットを解消するためにとにかく低姿勢で面接に臨むことが一番です。自分が50歳だという事を忘れて、新人の気分で「どんな仕事でもやる」という気持ちをぶつければ面接官も「この人なら50代でもすぐに職場に馴染めそう」と思ってくれます。

デメリット③「求められるスキルが大きい」

高齢での転職者に対して企業は即戦力として使えるスキルを求めてきます。

そのため前職で役職についていない方は転職は厳しいというのが常識となっています。

しかし!私の考えは違います。

逆転の発想を持てばいいんです。全くの未経験職へ転職を目指せば、役職についていなかった女性でも転職は可能です。

もちろん役職についていたらそれを活かせる転職先がベストですが、そうでないなら無理に前職での経験をアピールするよりも未経験職への転職を目指し、なんでも覚えるという意気込みを見せたほうが転職成功の確率があがります。

ただ、もちろん未経験でも採用してくれるような会社選びが重要になりますが、それについては後ほど詳しくご紹介します。

50代女性が持つ強みをアピール

これまで紹介したのは50代女性のデメリットを払拭して、面接官のマイナスイメージを0にする秘訣です。

次は0からプラスにする秘訣をお伝えします。

それは50代女性ならではの強み(メリット)をアピールする方法です。

実は50代女性は転職に不利なだけでなく、以下のような有利に働く要素も持っています。

  • すぐに辞めにくい
  • コミュニケーション能力が高い

50代の女性は20代や30代女性にはない大きな強みがあります。

というのも20代などの若い女性だと、妊娠や子育てなどで途中退社したり、退社しないまでも長期休暇や安定した出勤が望めないケースが多いです。

それに対して50代女性はすでに安定した生活を送って居るので定年までしっかり働いてくれることが望めます。

これは企業側からすれば、とても大きなメリットになるので定年まで働きたいという思いを面接でアピールしましょう。

次の50代女性の強みはコミュニケーション能力が高いという点です。50代は人生経験が豊富だけあって人とのコミュニケーション能力が高く、さらに男性よりも物腰が低く感じます。

この強みはどんな仕事場でも役に立ちますし、面接官へ与える印象をグッとアップさせることが可能です。

50代女性におすすめの転職先

50代女性が転職を成功させる秘訣はわかりましたが、実際にどんな仕事に就けばいいのか迷っている方も多いことでしょう。

そこで次に50代女性が転職しやすい仕事をご紹介します。

①これまでの職務経験を活かせる会社

一番は前職の職務経験を活かせる会社に転職するのが一番確率が高いですし、転職してからの苦労も少なくて済みます。

しかし、前述してある通り役職もなしに前職経験が活かせる会社を選んでも、企業はそれなら役職経験者と採用してあなたは落とされる可能性が高くなります。

ですから最低でも資格等のスキルを持っていることが①の会社を選ぶ最低条件です。

②サービス・福祉業の仕事

未経験でも採用されやすく、50代女性が特に歓迎される仕事がサービス業や福祉業の仕事です。

どちらも人と接することが多い仕事で、先ほど述べた50代女性の強み(コミュニケーション能力)を活かせるベストな仕事となります。

ですから前職の職務経験に自信がない方はぜひこちらの仕事にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

50代が転職するなら転職エージェントの利用が必須!

最後に50代女性が転職を成功させるためのもう1ポイントをお伝えします。

それはズバリ「転職エージェント」サービスを利用することです。

転職エージェントとはインターネット上で無料で登録できる転職サイトのことで、一度登録するとハローワークのように担当者がついて電話、もしくは対談で親身にあなたの話を聞いてくれます。

さらに転職エージェントにしかない大きなメリットがあるんです。

  • 非公開求人が見られる
  • あなたの条件に合った求人を担当者が見つけてくれる
  • 履歴書の書き方や面接の仕方までサポート

※おすすめ転職エージェントはこちら

転職エージェントで見られる求人のほとんどが非公開求人と呼ばれるもので、ハローワークやインターネット上からは普段見ることが出来ない求人なんです。

特に高齢の方を対象とした求人は非公開求人が多いため、転職エージェントへの登録が必須となります。

さらに何千とある非公開求人の中からあなたの希望(経歴・技術)に合った求人を担当者が探し出してくれて、履歴書の添削や面接練習まで担当者が行ってくれます。

特に50代で急にリストラされたような方だと履歴書や面接のやり方を覚えていない方がほとんどなのでこのサポートは本当に助かるんです。

この他にも転職に関する様々な相談に乗ってくれるので50代から転職を目指すならぜひとも転職エージェントの利用をおすすめします。

まとめ

50代での転職は若い人の転職よりもどうしても腰が重くなります。

そのためどうせ無理だと諦めてしまう方も大勢いるんです。

しかし、50代からでも転職を成功させてさらには年収が上がったという方だっています。

ですから50代女性だから不利と考えるのでなく、50代女性こそ有利という気持ちを持って転職活動に臨みましょう。

そして一人での転職活動が辛く思えたら転職エージェントのサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です