女性の結婚後の転職は難しい?詳しく調査しました!

女性の結婚後の転職は難しい?

女性の転職する機会って様々あると思いますが、特に多いのが結婚後なのではないでしょうか。

結婚を機に仕事をやめて、そのあと落ち着いてから転職を考えようとしている人は多いはずです。

ですがちょっと待ってください。

結婚後の転職が難しいものだというのを、皆さんご存知ですか?

実は結婚前に転職した方が、結婚後に転職するよりも難しくないとされているんです。

今回は結婚後に転職を考えている人達の手助けになれるように、詳しくその実態を調査してみましたので、是非見てみて下さいね!

結婚後に女性が転職する場合、どんなデメリットがあるか

まず最初に、結婚後に転職してしまうとどんなデメリットがあるのか、その実態を調査してみました。

結婚後に転職を考えている人は知っておいた方が良い事なので、要チェックですよ!

出産予定があるとなかなか就職が出来ない

結婚した後に転職活動していると、面接で必ずと言っていいほど聞かれることがあります。

「出産の予定はありますか」ということは必ずとほぼどの会社でも聞かれてしまいます。

もちろん結婚した後なら、いずれ子どもも欲しい、と考えている人が多いはずです。

「今はその気がなくてもいずれ…」というようなことを言ったとしても、「じゃあすぐやめることはないよね?」というようなことになってしまいます。

もし正社員への転職を考えているのであれば、新しい職場で働き出した1年間は最低でも避妊をする気持ちでいなければいけないでしょう。

なぜなら採用して側からしてみれば、「採用したばかりなのにもう産休なの?」ということになってしまうからです。

日本はまだまだ結婚、出産の女性に対する理解が追い付いていません。

妥協するところは妥協するようにしないと難しいかもしれません。

旦那様の転勤によってやめてしまう可能性も考えられる

結婚した後となると、もしかしたら旦那さまの転勤によってやめなければいけない可能性も出てきます。

折角採用したのにもし旦那様の転勤で…となった場合、企業側としてはとても困ることですよね?

先ほど出産と同じように「え?もうやめてしまうの?」となるはずです。

こういったことから、結婚後の転職は難しいとされているんですね。

結婚後に働く意思があっても会社側とうまく噛み合わないことが多いのは覚えておく

結婚後に働く意思があっても、会社側はどうしてもすぐ休んでしまうのではないか、ということをとても警戒してしまいます。

あなたがどれだけ働く意思があっても、会社側は結果的な部分を考えている場合が多いです。

どれだけ「働きたい」と前に出てアピールしても、結婚後の転職はリスクが付きまとってしまうということは覚えておくようにしましょう。

結婚後に女性が転職をするなら考えるべきこと

結婚後にどうしても転職したい!と考えている人は、必ず考えなくてはいけないことがあります。

ただ転職したい!と思っているだけではきっと苦労してしまいます。

結婚後に働くなら、まずあなたは何を優先したいのか、そこを考えるようにしましょう。

家庭との両立を考えるなら派遣かパートがおすすめ

結婚後に何を優先するか考えたとき、「家庭も大事にしたい。でも仕事もそこそこ働きたい」と両立を考えるなら、派遣かパートとして働くことをおすすめします。

この2つなら稼ごうと思えば稼げますし、しかも正社員ではないので休みにも融通がききます。

仕事もそこそこ出来て家庭への両立も可能なので、両立したいと考える人はこの2つの働き方から働くと良いでしょう。

沢山働きたいなら正社員

仕事に重きを置きたい場合はやはり正社員として働いた方が良いでしょう。

ただし先ほども言ったように、結婚後だとなかなか思うように見つからないこともあると思います。

それでもバリバリ働きたい!という場合は、働く代わりに何かを妥協しないと難しいと思います。

例えば、当面子どもは諦める(我慢する)などしなければ難しい事です。

もし正社員として働きたいのなら、旦那さんともよく相談して決めた方が良いでしょう。

以前のようにキャリアを保つことは難しいことを覚えておく

けれど結婚後に一度退職して転職を考えている人は、以前のようなキャリアを保つのは難しいということを覚えておいた方が良いです。

一線から退いてしまうと、どうしてもまた元のように戻ることはとても難しいです。

ブランク期間が長ければ長いほど難しくなってくるので、正社員としてバリバリ働きたい人は早めの復帰を目標にした方が良いですよ!

空白期間が短ければ短いほど新しい仕事にも復帰しやすくなるので、そのことはきちんと頭の中に入れておきましょう。

空白期間が長くなりそうな場合は、その間に資格の取得をしたりすることをおすすめします。

ブランクがある分、何かしら現役で働いている人に近づくために、少し工夫をすると良いでしょう。

結婚後に女性が上手に転職するコツ

結婚した後だと転職が難しいという話をしましたが、必ずしも難しい!というわけではありません。

抜け目はあるので、難しいからと諦めないでくださいね!

この項目では結婚後の転職について上手に転職するコツを3つピックアップして書いていくので、しっかりチェックしてみて下さいね!

女性が多い職場(特に既婚者)が多い職場を探す

結婚後に上手に転職するコツとしては、女性が多い職場を選ぶことです。

特に既婚者が多そうな職場を選ぶといいでしょう。

女性が多い分、女性対して理解が深い会社である可能性があります。

しかも既婚者が多いとなると、出産で産休を取ることにも理解が深い会社である可能性が高いです。

女性が多い分、やはり女性に対して有利になるような会社の形態が出来上がっている可能性が高いですからね。

新しい職場を選ぶなら女性に対して理解が深そうな職場を選ぶと、後々の出産のことも考えると安心出来て働けると思いますよ!

出産を考えて職場を選ぶ

出産は今のところ予定はないと言っても、いずれ子どもが欲しいと考える可能性は十分にあります。

今はなくても未来のことを考えて、新しい職場は選ぶようにした方が良いですよ!

産休や育休の体制がきちんとなっている職場か、しっかり見ておくようにしましょうね。

実績がなくても、きちんと理解を示してくれる職場かどうかの見極めは重要です。

けれど求人票に書かれている事って決まっていますし、堂々と面接で「育休や産休の体制はどうですか」と聞けるはずもないですからね…。

そんな時に頼りたいのが、転職のプロです。

転職エージェントに頼ればこんなこともお手の物なんですよ。

詳しくは下記にてお話ししますね!

自分1人で探すのが不安な時は転職のプロに頼る

転職のプロでもある転職エージェントに聞けば、求人票だけでは読み取れない企業のこともしっかり教えてもらえます。

転職エージェントは独自のパイプを持っていることが多いので、その独自のパイプのおかげで求人票では非公開にしていることも知ることが出来るんです。

またどういう職場で働きたいか、ということを伝えればその条件に合った求人も教えてくれるので、とても頼りがいがあるんですよ!

面接の対策から履歴書の書き方までサポートしてくれて、さらに就職後のサポートもしてくれるんです。

そんなおすすめの転職エージェントが、「マイナビエージェント」です。

マイナビは転職サービス企業の大手ですからね。

求人の数も多く、質も高いものが多いです。

困ったときはこのような転職エージェントに頼るのもありですよ!

まとめ

結婚後の転職についてお話ししましたが、結婚後の転職はなかなか難しいものです。

そのせいで思うようにいかないこともあるでしょう。

転職を必ず成功させたい人は、転職エージェントに頼ってみると良いですよ!

きっとあなたにとって素晴らしい条件の職場を提案してくれるはずです。

マイナビエージェントで楽に転職して必ず成功させましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です